学業不振や人間関係などが起因

ある日突然、学校に行くことを拒絶してしまう子供が全国的に増加しています。

こうした子供は反抗期や思春期の影響があることはもちろんのこと、学校内でトラブルが起こっていることもあるために、学校側との連携をしっかりと取っておくことが必要です。

不登校の原因は、本人のストレスや学校内でのいじめなどが挙げられており、その他に学業不振や人間関係などが起因していることもあります。

インターネット上では、こどもたちがいつでも相談することができるように、無料のメール相談窓口が設けられています。

現代社会では、パソコンや携帯電話などを、使いこなしている子供もたくさんいるために、教育機関やNPO法人などの取り組みにも注目が集まっています。

不登校の問題はとても根深いために、様々な原因が複雑に絡み合っていることがほとんどといわれています。

不登校の問題を解決するためには、保護者だけの力では難しいために、学校やカウンセラー、教育委員会などの力を借りることも良いとされています。

不登校の子供は、中学生や高校生に多いといわれており、社会的な支援体制の構築が求められています。

今後もさらに、不登校についての問題提起が行われてゆくことが期待されています。