不登校の原因に合わせた柔軟な対応

不登校の問題は社会的にも注目されていますので、様々な対策が立てられています。

確かに深刻な不登校の事例もありますが、中には原因さえ解決できれば再び登校できる例も存在します。さらに不登校の原因は多種多様になりますので、不登校の原因に合わせた柔軟な対応が大事です。

もし画一的な対応を行うと、立ち直るチャンスを逃す可能性が大きくなります。そこでまずはじっくりとカウンセリングを行い、正確な原因を把握する事が大切です。

もちろん話をしてすぐに心を開く事は少ないですが、次第に打ち明ける機会が増えるようになります。その後ある程度カウンセリングが終われば、次は具体的な対応を取る事が望ましいです。

その際には家族だけで無理に解決を考えずに、専門のカウンセラーや心療内科の医師の協力を得る方が良いです。このように丁寧な対応を行う事で、原因が判明して不登校を克服できる確率が高くなります。

また不登校の原因には失恋等の些細な内容もありますので、過度の心配はなるべく避ける方が適切です。その場合は一定の時間が過ぎれば、自然に心の傷が癒えていつも通り登校できる場合が多いです。

ただしいじめが原因となる時は放置すると危険ですので、できる限り早目の対応が理想的になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加